五反田で毎週金曜ランチ会をやっています!!

五反田、大崎、品川のランチやカフェなどの情報をお届けします!!

カテゴリ: カフェ

五反田西口を出てすぐのところにあった「オスロコーヒー」が本日(6月26日)リニューアルオープンしました!!
DSC_6131
前は抽出方法がエアロプレスのみでしたが、リニューアルしてハンドドリップも加わりました。最近のコーヒー業界における「サードウェーブ(第三の波)」(ハンドドリップで一杯一杯丁寧に入れるコーヒー屋が増えてきたこと)の流行に乗った感じでしょうか。 
ちなみにオスロコーヒーでは、エアロプレスでいれたのを「キング」、ハンドドリップでいれたのを「クイーン」と呼んでいます(写真はホットのキング)。
DSC_6130
北欧ワッフルも、前は四角形だったのが、リニューアルして一口サイズの丸形に。
美味しさは変わりありません!!
DSC_6127

内装も結構変わりました。
絵が増えましたかね。
DSC_6128
座席の配置が換わったので、席数が増えたような気がします。
また、前は席の間隔が狭く、隣の人などのおしゃべりが気になることもありましたが、リニューアルして席の間に透明の衝立があるところもできました。これで集中できそうです。

ただ、残念だったのが、前はあったムーミンたちの置物(下の写真を参照)がなくなっていたこと。DSC_4620
絵は残っていたんですけどね。

五反田駅から近いので、リニューアルを機に、一度いらっしゃってはいかがでしょうか? 

DSC_4669

今日は節分。
大崎駅から徒歩3分のところにある居木神社では、午後6時30分から追儺祭を行うという。
たまたま大崎駅近くで用事があった私。用事が済んだのが午後5時45分くらい。追儺祭まではちょっと時間がある。
そこで、大崎駅周辺のカフェで時間を潰すことにした。
そうなると、大体行先は決まっている。ソニービルの前にある、スターバックスTSUTAYA大崎駅前店だ。
DSC_4670
TSUTAYAとスタバがコラボレーションをしたブックカフェ。
黒板に書いてあるように、5冊までならTSUTAYAで売っている本を買わずに席で読めるのである。
店内は気になる雑誌を眺めながら、優雅にコーヒーを飲んでいる人でいっぱい(しかも、美人のお客様が多い(笑))。
DSC_4672
天井は高く、本の陳列もおしゃれ。
テーブル、椅子、本棚が木製で統一されており(一部ソファ席もあるけど)、非常にいい雰囲気。
DSC_4671
頼んだのはスターバックスラテ(トールサイズ)とシュガードーナッツ。なんだかいつもシュガードーナッツを食べていると言われそう…。


「良いカフェと良い本屋と良いパン屋。この3つが揃っていればそれなりに都会っぽい文化的な生活ができる」という人がいる。
確かにそうだ。このブックカフェに行けば分かる。
もっとも、厳密にいうと、異なる部分はある。「それなりに都会っぽい文化的な生活」ではない。
スターバックスTSUTAYA大崎駅前店は、「都会の文化的な生活」を思いっきり味わえる場所なのだ。
 

DSC_4620
五反田駅西口を出て左に進み、横断歩道を渡ったところにあるカフェ「オスロコーヒー」には、ムーミンがいっぱいいる。
まずお店に入ってすぐのところにムーミンたちがいる。
でも、これだけなら、他のコーヒー屋でもありそうだ。
20140805_185646_Android
オスロコーヒーが凄いのは、この絵が飾っているところにある。
その場所は、トイレだ。
このように、いろいろなところにムーミンたちがいる。

 店の名前「オスロ」はおそらくノルウェーの都市名からとったのだろう。北欧ということで、ムーミンたちがいっぱいいるのだろう(ムーミンはフィンランドだけど)。
DSC_4621
ムーミンだけではない。
ここの一番の特徴は、コーヒーの入れ方にある。
「エアロプレス」という、フラスコみたいな容器に豆とお湯を入れて、注射器の要領で上から押し、抽出する方法を採っているのだ。
日本ではあまりなじみのない入れ方であるが、北欧ではエアロプレスが流行っているらしい。
エアロプレスで入れたコーヒーは、豆の個性が出やすい。雑味が少ないのだ。
そのため、豆本来の味を楽しめる(苦手な豆のときは、さらに飲みにくくなるけど)。
DSC_4624
今回頼んだのは、カフェオレに、北欧ワッフルとシュガードーナッツ。
北欧ワッフルは、ふんわりとしながら甘く、非常においしかった。シロップもクリームもワッルフとよく合い、とてもよかった。
シュガードーナッツはややべたべたしていたが、こちらも甘くおいしかった。
コーヒーだけでなく、食べ物も結構いいお店だ。
ちなみに、コーヒーを頼んだ場合、その日のレシートがあれば、おかわりが半額で頼めるらしい。
20140806_152232_Android
ムーミンたちだけでなく、店内は木目調で落ち着いた内装。おしゃれなマグカップも飾ってある。
派手ではないが、店内は明るい。
駅からも近いので、五反田に来たときには一度行ってみてはいかが?
 

20140930_174613_Android
今回紹介するカフェは「G-STYLE CAFE」。五反田駅から桜田通りを大崎広小路方面へ歩いて1~2分ほどにあります。
ここの特色は、パンを焼いていることでしょう。そのため、店内ではパンの甘い香りが 漂っています。
そんなパンの中でも、おすすめなのが、「ラウケンドック」。プレッツェルの生地を使って作ったホットドッグです。
というわけで、 ラウケンドッグとクロワッサンを、カフェラテとともにいただきました。
DSC_4513
プレッツェルを使っているだけあって、柔らかくモチモチした感触。適度な歯ごたえに、ほんのり塩味が、ソーセージとの絶妙なハーモニーを奏でます。 これはビールとの相性が良さそう(笑)
クロワッサンもしっとりモチモチ風。バターの甘みも効いています。サクサクしたものよりしっとりしている方が好みという人にはおすすめです。
ちなみに、時間帯によってはタイムセールをしていて、クロワッサンなどのパンを100円で買うこともできます。

昨年8月の改装で、禁煙席と喫煙席を別の部屋にし、完全分煙に。 以前はエアサーキュレーターしかなく、禁煙席にもタバコの臭いがきて、ちょっと嫌だなぁという思いがありましたが、それも解決。
店内ではfree wi-fiの利用も可能…。のはずなんですけど、回線が混みあっているからか、繋がりにくいのが玉に瑕。 
でも、立地もいい、美味しいパンも食べられる、ということで、非常にいいカフェだと思います。 

DSC_4100
最近はリニューアルしたスタバばかりに行っていましたが、久しぶりにドトールコーヒー五反田桜田通り店へ。
実はこのドトール、結構お気に入りなのです。
まずは、ドトールの中では広いということ。席はゆったりとしていますし、ドトールらしからぬ?座り心地のいい椅子もあります。トイレも広かったですね。
店舗もきれいで、木目調を多く使った落ち着いた雰囲気。
完全分煙がなされていますので、タバコの臭いもしません。
嬉しいことに、2階の窓側カウンター席にはコンセントが設置されています。しかも、カウンター席のテーブルの下には荷物置きがあり、斜めになっているので、入れやすし、荷物が落ちにくい。
そのうえ、接客態度も素晴らしいです。笑顔で元気よく挨拶をし、それでいてうるさくない。しかも、丁寧。
いろいろなドトールに行ったことがありますが、ここよりもくつろいでいいコーヒータイムを過ごせるドトールは見たことがないです。
というわけで、かなりおすすめのドトールです。

ちなみに、写真はミラノサンドAセット(飲み物はカフェオレ)。ドトールでセットを頼むときは、大体これです。

↑このページのトップヘ